新潟県燕市ふるさと納税特設サイト 新潟県燕市ふるさと納税特設サイト

藤次郎 包丁

刃持ちの良さと抜群の切れ味。プロフェッショナルが認めた、日本の美しい道具。

これまでの包丁づくりの道のり

1955年ステンレス製フルーツナイフ製造から始まり、切れる包丁を追求してきました。工程が多い包丁製造を一貫生産できるのが強みです。2004年から海外進出を果たし、燕から世界に日本の刃物文化を発信しています。2017年には刃物メーカーとして国内屈指の工場見学施設「オープンファクトリー」を設立。包丁作りの現場を一般の人に見学してもらうことでものづくりの魅力を伝え、金属加工の名産地を活性化したいという思いがあります。

包丁づくりのこだわり

包丁の製造には手間と時間がかかります。今回、提供する包丁は40以上もの工程を経て完成します。中でも重要な工程が「焼入れ」「溶接」「研磨」。「焼入れ」は高温で鋼材を熱することで硬度と粘りを与える、切れる包丁を作るための工程です。「溶接」は刀身とハンドル、特徴のある異素材をつなげます。そして「研磨」で刀身とハンドルのつなぎが分からないようになめらかな状態に仕上げます。熟練の職人による手仕事を大切にしています。

手に取ってくれた人へのメッセージ

今回、提供する「TOJIRO PRO三徳」は、ハンドルのトルネード模様が特徴です。波目とブラスト仕上げというつや消し仕上げで滑りにくい仕様になっています。口金付きの「藤次郎三徳」はベーシックで飽きのこないデザインでグッドデザイン賞を受賞しています。どちらも切れ味とともに見た目も美しい包丁です。大切な一本を末永く使っていただくために、刃の研ぎ直しや修理など、アフターサービスにも力を入れています。

藤次郎株式会社

代表取締役 藤田進さん

柳宗理 鍋

用の美を追求した、柳宗理デザインの鍋。絞りの技術で優美な曲線を再現。

これまでの柳宗理デザインづくりの道のり

1972年の札幌冬期オリンピックで柳宗理先生がトーチホルダーや聖火台をデザインされたときにご縁を得たと聞いています。燕地区がステンレスの加工に秀でていることから当社が製造を依頼されました。柳宗理のデザインのカトラリーを作り始めて50年近く、鍋を作り始めてから20年以上経ちます。デザインの特徴を大切にしながら時代に合わせて素材や製造方法を改良し、少しでも使いやすく、美しいものを作っていきたいと思います。

柳宗理デザイン鍋のこだわり

柳宗理デザインの製品の特徴は、余計な装飾をなくし、使い勝手を徹底的に追求した実用的で美しいデザインにあります。優美な曲線でデザインされたものが多く、その曲線の再現には高度な技術が必要です。鍋の場合、硬いステンレスの1枚板から鍋の形に絞る「絞り工程」で立体的な曲線を安定して成形しなければいけません。同じような製品に比べて、製造工程を増やし、見えない部分まで手間をかけて品質に気をつけて製造しています。

手に取ってくれた人へのメッセージ

柳宗理のデザインは機能性を追求することによって美しいものを完成させた究極の「用の美」だと思っています。見た目の美しさはもちろんですが、実際に手に取って料理を作ってみたときに使い勝手の良さを実感できると思います。また、シンプルな構造で作っているので手入れも楽で非常に長持ちします。鍋で傷みやすいハンドル部分もネジで固定してあるだけなのでメンテナンスが簡単です。親子2代で愛用している方も多いです。

日本洋食器株式会社

総務部 藤田龍一さん